さくぴのwhat's the story

2016年9月~6月 9か月間アイルランドでワーホリしてた女子大生の話!

クレイジーライダーあらわる



ユースホステルで働き始めて3週間ほどたったある日。
フランスから2人のゲストがやってきました。

彼らはフランスからはるばるバイクでやってきたそうな。
というのも彼はフランス語しか話せなかったので、ルームメイトのフランス人の女の子 マジョレーヌ に通訳してもらって聞いた話です。

感じが良さそうなおじさんだという印象を受けたのですが、
フランス人の女の子は、彼と話しているうちに、あの人なんか変!って言い出します。

彼は、どうやらマジョレーヌのことが気に入ったらしく、
フランスから一緒にきた連れのライダーを部屋に残して、
マジョレーヌと2人きりで出かけたいというのです。

しかも彼は話しながら小刻みに震えてたらしい。

仕事がおわり、私が1人で共用キッチンにいると、
マジョレーヌはどこ?とたずねてきます。
しかも何度も何度も。
私はその度に 彼女はシャワーを浴びてる
と答えていました。
(彼女は4時間ぐらいずっとシャワー浴びてる設定になってる)

マジョレーヌは誰にでも優しく、noといえないところがあるので、そのせいでしょうか、彼はしつこくやってきます。

私たちの住んでいた部屋は2階にあり、喫煙所を見下ろせるようになっているのですが、
あるとき、彼が仲間と一緒に怒っているところを見かけました。

どうやら昨夜、違うドミトリーのゲストが泥酔して彼のドミトリーにやってきて、部屋で吐いたことに怒っているようです。

(じつは私たちは、そのげろった人と途中まで一緒に飲んでたけど、なんだか面倒になって介抱を怠ったまま先に帰ったので、私たちの責任でもあります。笑)

彼は部屋を変えたいとオーナーに訴えます。
しかも、私たちと同じ部屋で寝たいとか!
(ボランティアは繁忙期はゲストと同じ部屋で寝ることもありました)

オーナーはあっさり快諾。
彼に、荷物をまとめて部屋を移動する準備をするように伝えます。

それを盗み聞いた私は
隣にいたジプシーと目を見開いて驚きました。

マジョレーヌが危ない!

オーナー!ちょっと裏集合!

オーナーを呼んで交渉します。
あいつはマジョレーヌのことを狙ってて、マジョレーヌは彼を気持ち悪がってること!

乙女心を解するオーナーは、了承してくれて
なんとか最悪の事態を免れました。

ユースホステルは、ジプシー達に加えて、こうやってたまに変わったお客さんもやってきます。

以前には、毎晩夜中に洗濯する洗濯大好きおばさんとか来たなあ。
彼女はランドリールームが閉まっているとき、オーナーに どうしても洗濯したいの!!!!ランドリールームを!!!開けて!!!
と抗議してたけど却下されて、出禁になってました。笑

ダブリンにある cafe Moda
スープとサンドイッチ(パニーニやオープンサンドもあるよ)のセットランチがお得でした♡
The soup of the dayは選べる2種類◎ランチメニューも豊富です



f:id:sakura-bv-0320:20170724000408p:plain


キャッセルの愉快な仲間たち

さて、滞在8ヶ月目 7回目の引っ越し先は、

CorkとAthroneの真ん中に位置する Cashelという小さな街。

そこにあるユースホステルB&B(日本でいうゲストハウスみたいな感じ)での住み込みの仕事が始まりました。
今回もまた、住み込みのお仕事紹介サイト workawayで見つけたものです。

仕事内容は、ベッドメイキングと掃除、レセプションの手伝い。無給ですが、住む場所とたまにご飯を提供してくれます。

今回は私の他に、アイリッシュのオーナー、台湾人のマネージャー、そして数人のスタッフと一緒に仕事をします。
スタッフの子たちは年も近く、偶然にも、日本に興味のある子たちばかりで、日本の文化についてあれこれと聞いてくれました。
同じ部屋で生活して仕事を協力しあって、私たちはすぐ仲良くなれました。


"ユースホステル"と聞くと、だいたいの人は
若者たちのバックパッカーの地とか、
旅人がたくさん集まる場所 
とかキラキラしたイメージを持ってると思います。

しかしここアイルランドでは少し違います。

たくさんのジプシーが住んでいる
というイメージがあります。これは私がユースホステルで働き始めてから知ったことですが…


ジプシーというのは、定義が人によって多少違うと思うのですが

定職につかないで、政府からの生活保護のみ 
または沿道で街行く人からコインをもらって
生計を立てる人 またはそういう家系 
のこと。

私の働いていたユースホステルには
全体のベッド数 50ベッドくらいで、当時5.6組のジプシーが住んでいました。わりと高い比率。


彼らは、政府から生活費や住居を支給してもらうために、若くに子供をたくさん作ります。
政府は、子供がいる家庭を見過ごすことができないためです。

ケガやリストラで仕事ができず、やむをえずジプシーとなった人もいますが、
若くして働くことをあきらめ、生活保護だけで生活している滞在者もいます。

彼らは不特定多数のパートナーとの間にたくさんの子供を作り、不健康な食事やドラッグ乱用のせいで、だいたい50代くらいで死にます。

彼らの生態というのは本当にめちゃくちゃ。
子供達はユースホステルから学校に通い、
お父さんは働かずに平日の昼間から子供達と元気に遊んでいます。
主食は基本的にピザやカップ麺などのジャンクフード。(スーパーに行けば、大きな冷凍のピザが1ユーロ前後で売られてます)

掃除用具や冷蔵庫の食べ物が盗まれるのは当たり前。
オフィスのお金やスタッフのお金も盗まれたこともあります。私も日本から持って来た食材とか、携帯とかとられました。携帯は戻ってきたけど。

そんな個性豊かなゲストと1ヶ月間暮らしてみて色んなことがわかりました。
次回に続きます◎

ダブリンにあるスパニッシュ料理のお店 
Tapas de Lola 
アイルランドにいながらスペインの味を楽しめます。雰囲気も料理も完成度超高いです。
スパニッシュオムレツが分厚い。
あと、サングリアおいしすぎてびびります。


f:id:sakura-bv-0320:20170723235957j:plain

ゴールウェイガール ゴールウェイを去る



ゴールウェイでの生活は、私のアイルランド生活史上一番苦しい毎日でした。


私の働いていた日本食レストランで、私の仕事というのは
ホールアテンド電話応対クローズ発注仕込みと一部のキッチン作業
ディナーの時間の全ての作業をほぼ一人でこなしてました。

もちろんオープニング担当、ランチ担当も基本的に一人で仕事を回していかなければなりません。
少ない席数なのですが、忙しい日は超大変です。

また、店長からのアドバイスやフォローもないので、
お客さんからのクレームも、自分のしでかしたミスも全て自分で処理しなければなりません。

常連さんに理不尽すぎる行動を取られ、どうしても対応できず、
そのお客さんが怒って出て行く、私はレジ前で泣きそうになって、他のお客さんになだめられるという事件も起きました。

その日仕事が終わったあとずっと どう言えば許してくれたんだ〜どうすればよかったんだ〜〜〜〜って真剣に悩みました。

同時にそのお客さんが次に来たときどう話しかければいいか考えました。まあその人がお店に来ることは二度となかったんですけど。笑

その後…

スペイン人の友人と会って、自分たちの仕事について話していたとき…
(彼女はイングランドの某高級デパートで働いてます)

お客さんから理不尽なクレームを受けたとき、
店長とコラボしてずたぼろに言い返して、お店に二度と来ないように言い放ったよ〜!
強気でくるやつには強気でいかなきゃ!

と言ってました。さすが。

私のお店では、お客さんは優しくて寛容な人がほとんどでしたが、この世はいい人ばかりじゃないです。

道ばたでばったり会ったときに、こないだのお礼を受け取って!!とわざわざチップをくれるようなお客さんもいれば、
こんな小さいお皿に少ししか盛ってないのにこんな高い金払いたくねえ!と文句言うお客さんもいます。
後者は日本食レストランがどういうものか分かってない人だと思いますが。

また、同じアパートに住み、一緒のお店で働く子たちが次々と辞めていって、
私が英語はおろか日本語も話す機会がなくなったことも苦しかった要因です。

一人暮らしのアパートと、レストランを往復するだけの毎日。

カレッジの授業や何かのアクティビティに参加してコミュニティを広げようと考えたこともあったけど、ゴールウェイという小さな街ではなかなか自分にあったものが探せませんでした。
そもそも私の人脈がなさすぎて、情報自体も入手できなかったのも悔しい思い出です。

そんな中で、仕事終わりにたくさんパブに連れ出してくれたマネージャーの方にはすごく感謝しています。
同時に、彼女の仕事力、精神面の強さ、心の寛大さには尊敬しかないです。
海外で活躍する日本人って まさにこんな人をいうんだなって感じでした。
間違いなく、私が海外で出会った日本人の方で一番すごい人です。


というわけで…
ゴールウェイでのハードモードな生活にすっかり心を病んだ私は、お店を辞めて次の仕事のために引っ越しました。この時点ですでに、7回目?くらいの引越し。

さて、にぎやかで明るい毎日を求めて移住した次の街 Cashel。
ところが実は、その街は今までのアイルランド生活の中で一番スリルに満ちた壮絶な街だったのです。

次回に続きます!

f:id:sakura-bv-0320:20170721185718j:plain

私が通っていた語学学校近くの CAKECAFE Dublin

とっても可愛い雰囲気のカフェで、テラス席も室内席もいつも満席!


バブル期の到来と散財の旅


ゴールウェイで働き始めてしばらくしたある日のこと



オーナーとマネージャーが一時帰国のため、お店が一時閉店になりました。

アイルランドいても雨ばっかで寒いしすることないし、少しずつお金も溜まってきたことだし、旅行に行くことに。

3週間かけて、イタリア、イングランドクロアチアへ行って来ました。

本当はアイルランド滞在中に、
北欧やフランス、ドイツにも行きたかったんだけど、お金と時間なくてやめました、、、

中でも私のおすすめの場所は

ドブロブニク魔女の宅急便の舞台とも言われている、とっても美しい街です!アドリア海の真珠とも呼ばれてたかな。

ドブロブニクに行く途中のバスから見える景色がすでに美しすぎて泣けます。
私が感動で泣きながら写真を撮っていると、隣の席の2リットルのコーラ持ったおじさんに怪しまれました。
団体ツアーではなく、個人移動となると日本人は少ないです。韓国人が多かったような。

街にはいたるところに現地の観光案内人がいて、いろいろとサポートしてくれます。道を尋ねるくらいなら無料です。迷いようのない小さな街ですが。

ただクロアチアはその地形上移動が不便な国です。
首都ザグレブドブロブニク 都市間を移動するのに、別の国 ボスニアヘルツェゴビナを経由しなければなりません。

私が4月初旬というオフシーズンに
ドブロブニクに辿り着くまでのながーい道のりはまた機会があればブログに載せます。

オンシーズンであれば多くの日本人旅行者の方がウェブサイトに行き方をまとめていらっしゃるので情報も多いかと思います◎

f:id:sakura-bv-0320:20170721180747j:plain

ドブロブニクジェラートは安くて大盛り!
イタリアの半額くらいで同じサイズが食べられます。
イタリアのジェラートハーゲンダッツとしたら、ドブロブニクジェラートは爽だと思ってもらえたらイメージしやすいのでは。
贅沢や濃厚さはイタリアにはかないませんがさっぱりしていてドブロブニクジェラートもかなり好きです。


ヨーロッパ間を何度も飛行機で移動しているうちに、
予約システムとか、空港での搭乗までの流れとかも慣れてきました。

お安くヨーロッパ旅行するならアイルランドを拠点にして、アイルランドの航空会社 ライアンエアーを利用するのおすすめです◎

むしろせっかくアイルランドに滞在するのなら、ヨーロッパ旅行いっぱい行ってみてください。
アイリッシュですら、アイルランドいつも天気悪いしまじ行くとこないわ〜って言ってます笑

食中毒事件



さて、Westport からGalway に戻ってきた2月のこと、

例の日本食レストランでの仕事を再開してからは…

日本人の女の子とシェアハウスして一緒に暮らしていました。

私たちはよく料理やお菓子を作ってシェアしていたのですが、
ある日のこと。
いつものように、私が作ったケーキを一緒に食べてました。

そしてその日の夜…

謎の寒気と吐き気が始まり眠れません。
深夜過ぎてから嘔吐に苦しみはじめます。

そして、不思議なことに、ルームメイトの子も、全く同じタイミングで同じ症状で苦しんでる…!

私たちは結局朝方まで眠れず、やっと少しだけ楽になった朝8時頃
ふと、ポカリ飲みたい!売ってない!作ろう!と思い立ち、キッチンに立ったのですが…

(アイルランドにはポカリみたいなものは売ってません)

あまりの暑さとだるさで意識もうろうしてきて、
ポカリ作り放棄してベッドに戻ります。

結局私たちは丸一日、高熱と体のだるさでずっと苦しんでいました。
ルームメイトの子の友達がもっていた
葛根湯をおすそわけしてもらって、徐々に回復していったのです…。

すっかり回復した頃に出勤したとき、

私たちが生死をさまよっていた同時期、
Galwayのとある場所で集団食中毒が発生したらしく、
保健所がレストランに注意喚起しに来た

との話を聞きました。

ついに私たちを苦しませた正体が判明しました。

おそらく昨夜私たちが食べたケーキか、もしくは食器か何かが
食中毒ウイルスをキャッチしてしまったんだと思います。

私の作ったケーキがひょんなことから
Galway中にウイルスを拡散させて、別の場所で食中毒騒動を起こしてしまった…
とはちょっと考えにくいです。
もしそうだとしたらちょっとした生物テロです。

ケーキはなかなか自信作だったんですけど
捨てました。

アイルランドのスーパーには、ポカリのような飲み物は見当たらないです。
スポーツドリンクで lucozade がありますが、
日本人の感覚からするとただの色付きの砂糖水です。

アイルランドに関わらず、海外に滞在するなら、スポーツドリンクの粉末を日本から持参するのおすすめです◎

私のように、粉末もなく、ポカリさえ作れないような絶体絶命の場合は、
Lucozadeにレモンジュースを大量に投入するだけでもポカリというかメダリストに似た味になります。まあメダリストを持参するに越したことはないです。




https://www.amazon.co.jp/dp/B000ARMGOQ/ref=cm_sw_r_cp_awdb_6d4szbCM5M8WV




f:id:sakura-bv-0320:20170622173556j:plain




Galway salt house bar

クラフトビールをいっぱい取り扱ってるパブ
ここは静かすぎず賑やかすぎなくていい感じです
テイスティングもさせてくれます◎

このココナッツのビール
家の冷蔵庫に常時ストックしたいくらいおいしかった🤤

Remove all ads

束の間のシティーガール生活



Westport に秒で別れを告げ、
次に私が向かった場所はGalway。

ダブリンから2時間半、ちょうど真西に位置する小さくて可愛い街です。

その街の日本食レストランのオーナーのことを以前から知っていて、その方のもとで働かせてもらうことになりました。

そこのマネージャーの方に、Westport での一件を相談すると、Galwayいつでもおいで!とあっさり快諾してもらえました!



じつは、12月に少しだけそこで働いていたんです。

というのも、アイリッシュパブでの住み込みのお仕事が、1月からという契約だったため、
12月いっぱいは依然として無職。

1ヶ月だけの短期の仕事を探していましたが、
ダブリンではたった1ヶ月だけの仕事なんてなかなか見つからない…。

そこで、Galwayにあるそのお店にお願いしたところ、12月いっぱいまでのお仕事をいただきました。

住む所も、レストラン近くのアパートを無料で使わせてもらえました。これは本当にありがたかったです。

返事をいただいた12月の初め頃、ダブリンに住んでた私は、とりあえず身の回りのものをスーツケースに詰めて、Galway行きのバスに飛び乗りました。

同じレストランで働く台湾人の女の子とのシェアハウスが始まりました。
(彼女はしばらくしてよりよい仕事を見つけ、ダブリン北にある別のレストランに北上していきました。)

というわけで、ダブリンを離れGalway girl生活を始めた私。

ダブリンの一等地に住むというダブリンシティー生活をはじめて、たった3日後のことでした。

ダブリンに最後に滞在したのは年末年始かな。

次の住人への引き継ぎをして、部屋にあるすべての荷物をGalwayに移動させるためです。
それと、ダブリンで日雇い派遣の仕事をしてたから、ベットは必要でした。

なんと私は本当に最後の最後まで、
ハウスメイト達と会話することがありませんでした!

前に私の部屋に住んでいた人が、
"ここに住んでる人たちはみんな学校やら仕事やらで忙しいから、あまりお互いに干渉しないよ"と言っていたからです。

実際、彼女たちとキッチンで会っても、Hiと挨拶を交わすだけ。
何か聞いても、必要充分しか答えてくれないし、
名前を尋ねることもありません。

名前も知らない人と住むなんて、変わったシェアハウスだな、というのが感想でした。

10人でバスルームをシェアするのも、わりと激しい戦争です。特に朝。
シャワーヘッドとれてて、水やりホースみたいなやつでシャワー浴びてたし。
トイレは黒パンツが常時干されてたし。
なんで自分の部屋で干さないの?笑


ところが、年末年始のこと…

荷造りや片付けなどで身辺整理しているときに、ふとしたことで仲良くなり、
数人の子たちとは連絡先を交換し、
一度パブにも一緒に行きました😊 

こんなにフレンドリーでいい子たちなら、積極的に話しかけてればよかった〜!

バリアを張ってたのは自分だったのかもしれない、と思った束の間のシティーガール生活でした。


Galway cafe expressのチャイラテ。

ここのチーズケーキが人気だとネットで特集されてたので一度注文しましたが…
おすすめしません。胃もたれがすごい。

アイルランドのケーキ 値段は高いのにクオリティはあまり高くないです。😔 


f:id:sakura-bv-0320:20170622171426j:plain

Language!!


アイリッシュの子供達は、小さいころから
汚い言葉を使っちゃだめだよって教わります。
まあ日本でも一緒ですよね。

汚い言葉を使うと、"Language~!"って叱られます。アメリカとかも同じかな??

けれど、街に出ればそこらじゅうから聞こえて来る"fuck!"

それもそのはず、アイルランドにはfuckな出来事が溢れすぎて、もはやfuckって言わずには生活できないです。笑

今回は、私が経験した、数あるうちの出来事の一つをご紹介します!


12月のクリスマス前に日本に荷物を送りたくて郵便局へ行きました。

段ボールに詰めた荷物をカウンターに持っていくと、

何が入ってるの?割れ物じゃないなら、封筒に入れた方が安いよ、といわれました。

それなら安い方をと、カウンターでもらった封筒に荷物を詰めなおすことに。

中身は、服や本、かばん、Wi-Fiルーターなど。

addressee(受取人住所)を書いてね
といわれ、実家の住所だけを書いて

私: 本当に受け取り人の住所だけで大丈夫?
オフィサー: おっけー!日本に送るのか!おっけーおっけー!送っとくよ〜!

といわれてそのまま送りました。

1つの封筒につき18ユーロ ×2つで
36ユーロ。

1ヶ月後…まだ日本には届いていないようです。
クリスマス前に送ったから、まだバタバタしてて遅いのかな。大目に見ます。

2ヶ月たっても届きません。おかしくね???

そのときちょうど、ダブリンの中央郵便局を訪れる間がなかったため
(例の人里離れたパブで働いていたので)
問い合わせフォームのようなものを
 街の小さな郵便局から送りました。

それから2ヶ月後。
中央郵便局に荷物を送ってから4ヶ月たったある日のこと。

郵便局から1通の手紙が届きました。

"ほんとにごめんけど、荷物なくしちゃった!return address (送り主の住所)書いてないからこんなことになるんだよ!"

と、お詫びの品として4ユーロの切手が添えられていました。

36ユーロかけて送った荷物をごっそりなくされて、4ユーロの切手でことを済まそうだなんて!

Wi-Fiルーターだって、買い直せば1万はします。

ちなみに、最後の最後、だめもとで中央郵便局を直接訪ねて聞いてみました。


私: あなた達が私の荷物をなくして(ここ強調) 以前も問い合わせたことあるんだけど… 荷物保管してたりしない?

オフィサー: ないね!(きっぱり)うちらはリターンアドレスを書いてないかぎり保管しないよ。


ノーギルティ。

ならリターンアドレス書けって先いえよ!
もちろん、書かなかった自分も超うかつでしたが、、、


郵便局のホームページを見ても、料金体系とか、何が送れて何が送れないとかよくわからなかったです。😔

非公式の掲示板(人々が勝手にディスカッションしてるやつ)で調べてみると…
みんなfuckで結論づけてる!language~!😂


一番確実に荷物を送る方法は、
誰になんといわれようと段ボールに荷物を詰めて、
フタを開けたまま郵便局に持っていくことかな…?



ゴールウェイのクレープ屋さん

こちらのクレープ屋さんはスイーツ系だけじゃありません。ゴータチーズ×くるみ×はちみつは間違いないやつ☺️



f:id:sakura-bv-0320:20170619222914j:plain

Remove all ads